【モロッコ生地】織と柄の種類からお勧め商品までご紹介

アトリエフォカリは創業からモロッコのインテリア生地を使ってバッグやインテリア雑貨を制作してきました。モロッコでは家の顔になるサロンのソファとクッションをオーダーメイドで仕立てる為、街中にインテリア生地屋があります。そんな豊富な生地を長年買い続け、仕立て続けてきたから分かる、モロッコ生地の魅力を総括してみました。

プリント生地にはない存在感。モロッコ生地の『織』

シェニール織

日本では裏表が同じ柄の密度の高いタオル製品で有名なシェニール織。モロッコでは一般家庭がソファやクッションを仕立てる最もポピュラーな生地です。裏表で色が反転しているのが特徴でリバーシブルで使えるのがシェニール織のポイント、裏面の方が素敵な事もあります。コーデュロイのような厚みのある糸が多く使われ、織が複雑で美しい色柄が生み出せます。生地のランクも様々ありますが、モロッコでは生地の厚さと密度が高いほど高価なシェニール織です。

モップラ/ベロア/カットベルベット

現地ではモップ(ブ)ラと呼ばれる柄部分がベロアになった高級生地。オリエンタルなダマスク柄がゴージャスに織られた生地は迫力満点です。日本ではなかなかお目にかかれない生地ですが、ここではシェニール織と対を成して生地店に必ずある生地。生地にも流行があり、最近はキラキラした光沢系が多くなり外国産も増えています。モロッコでもこの生地でサロン一式のソファとクッションを仕立てるのはかなり予算が必要、今も昔も奥様達の憧れの生地です。

この3Dのようなモコモコ感が柄の可愛さを倍増させています。厚手の為、バッグを作る時に芯が不要で丈夫!洗濯しやすいのもポイントです。

色鮮やかでオリエンタル!モロッコ生地の『柄』

私が何より魅力に感じるのは柄です。柄が素敵だから、アトリエの商品に複雑なデザインは必要ありません!むしろ形はできるだけシンプルにして、その時々見つかった美しい柄を主役にバッグやポーチ、クッションカバーにしてきました。

2種類の柄

モロッコ生地は柄の種類が2種類必ずセットになって売られています。基本は大柄と小柄です。大柄は元からクッションを仕立てることを想定し、カバーサイズで柄が作られていることも多いです。それに合わせ小柄がソファ専用になります。ダマスク柄×ストライプ柄など別のテイストが組み合わさった物もあり、一つの色で2種類以上の柄があることもモロッコ生地の大きな魅力です。

最近はその魅力を活かした、裏と表で2柄を組み合わせた2WAYクッションを沢山制作しています。

市場の移り変わりとアトリエの取り組み

モロッコで長年、インテリア生地を購入し扱い続けてきましたが、生地にも流行や産業自体の変化の波があり、10年前に沢山あった生地が近年は全く見られなくなってしまったりと、時代の変化を感じます。沢山の生地店があるモロッコでも、選び放題に思えて実は日本向き、アトリエの商品向きの生地を探すのはなかなか大変。現地の生地店でも在庫が無くなれば再入荷はほぼ無いので、生地との出会いは一期一会です。

アトリエの取り組み

アトリエフォカリでは2014年から別店舗『モロッコ生地専門店モロッコテキスタイル』を細々と運営してきました。長期的にモロッコ生地を小売りしているのは当店のみです!現在はコロナ禍による物流の不安定さからAtelierFOUKARIサイト内に移転し継続しています。

まだまだ知られていないモロッコ生地の魅力をもっと伝えたいと、(更新は滞っていますが;)生地専用のインスタグラムも立ち上げました。コロナの次はウクライナ侵攻による物流不安定も原因で、思うように商品がアップできていませんが、自分が長年布もの雑貨を作り続けることができたのは、モロッコに魅力的な生地があり続けるからです。そんな生地への思いを少しずつではありますが、コンテンツ、商品へ繋げていけたらいいなと思います。

初めてのモロッコ生地にお勧めのセット

モロッコ生地と一口に言っても、織の種類、織の密度によって素材の質がかなり違います。手始めに色んな種類の生地の織と柄が試せる、はぎれセットは種類豊富な生地在庫を持つ当店ならではのお勧め商品。セットにする生地も、このまま合わせて作っても素敵な色と柄になるよう、こだわりセットしています。その為入荷はいつも少量ですが、人と被らないオリジナリティーやプリント生地には出せない高級感を実現できます。綿とは違う縫製のコツもありますが、詳しくはショップサイトをご参照下さい。

AtelierFOUKARIテキスタイルカテゴリーを見る

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました