モロッコ女性の美の秘訣がアルガンオイルじゃない件について

『モロッコ女性の美の秘訣!アルガンオイル』と言うキャッチコピーに、ん?となる在住者は私だけでしょうか…モロッコ女性でアルガンオイル使ってる人、実際どれだけいるでしょう?私は知っています。本当の美の秘訣が何であるかを…

アルガンツリーとヤギ

アルガンの木に登るヤギ

アルガンオイルとは

モロッコ南部にしか自生していないアルガンの木の実から採取される貴重なオイル。食べても美味しい!肌や髪への保湿力も抜群!モロッコも国を挙げてアルガン産業を盛り立てています。私自身15年はアルガンオイルを愛用しているアルガンユーザーです。マラケシュはとにかく乾燥しているので保湿にアルガンオイルは欠かせません。ですのでアルガンオイルをディスるつもりは全くありません。本当にお勧めの美容オイルですよ!

実際のモロッコ女性の美容

リーズナブルなコスメ

メディナの伝統コスメ店

アルガンオイルが優れているのを踏まえ、実際のモロッコ女性の美容ケアはどんな感じかご存知ですか?私も幅広くアンケートを取ったわけでなく、あくまで身近にいる女性たちを垣間見たレベルですが、そもそも毎日洗顔してる人も少ないと思います。水洗いは朝起きた時にしてるだろうけど、クレンジングや石鹸などでの洗顔です。家に何度か義妹たちやその娘たちが泊まったことがありますが、洗顔しないから保湿もしないといった状態でした。何度かモロッコ女性が乳液など買っているのを見たことがあるのですが、圧倒的にニベアやダブユーザーが多いと思います。
富裕層であれば仏ブランドのYVES ROCHERなども人気です。この層でモロッコの伝統美容が好きな人はネクタロームなど国産の有名ブランドを使うでしょう。

ネクタローム店員の見解

アルガンオイル
そのネクタロームの店員さんに実際に聞いてみました。
「私は愛用していますが、モロッコ女性って実はアルガンオイル使ってる人少ないですよね?ニベアやダブ使ってる人が多いと思うのですが、なぜです?」
店員さんの答えは、もちろん自分は使っていると前置きして、
「モロッコ女性と言っても色々。田舎の女性は伝統的な美容を今もしています。都会の女性でも伝統的な美容が好きな人はいます。でも外国帰りの人も多いし、フランスやアメリカなどの外国製品が好きな人も多いですから。」
モロッコ女性は伝統美容が好きというのはハンマムへ行けばよく分かります。
オリーブオイルの練り石鹸は垢すりに欠かせないし、ガス―ルクレイで泥パックしている人もいます。でもこの二つは広く皆が使える値段。アルガンはやっぱり皆が使える価格ではありません。スパイス屋で30DH程度で買えるオイルもありますが、やっぱり質は値段相応だし、それなら同じ値段で信頼性のあるニベアやダブが選ばれるのかなと思います。ネクタローム店員さんの口からは出ませんでしたが、現地価格でも客を選んでいると思うし、その位貴重なオイルということなのでしょう。

モロッコ女性の美の秘訣

一般的なモロッコ女性はどうやら毎日肌のお手入れをしているわけでなく、むしろほったらかし。化粧自体は好きでもケアはあまり力を入れてないと長い前置きをした上で、それではどうしてお肌がプルプル、張りと弾力があるんでしょう???
私の独断と偏見による答えは、
脂肪です!!
ここに悲しい日本人とアラブ人の顔の造りの違いがはっきり現れます。
モロッコ人はとにかく小顔!小顔で目鼻がはっきり大きく、かなりの脂肪を有していても太ってるとは顔を見るだけでは思いません。でも体を見れば、その脂肪量が並みでない事が分かります…!
つまり太っていてちょうど良く美人に見える顔の造りなんです!もちろん脂肪はたるみにもなるでしょうが、そこまでいかないお年の女性です。イメージはこんな感じ↓

出典:pinterest

写真はお綺麗なモデルさん達ですが実際は、すらっとした美人でも結婚して子供を産んだとたん一気に体形が変わり、元々早熟な顔なので年を取るのも早く、あっという間におばさんになってしまうというのが長年見てきた実感です。歳を取るという逃れられない現実は何処も同じなのですね…
モロッコ天然コスメは私も大好きです。けれど実は高品質のアルガンオイルは一般女性が買える価格帯でなく(アルガン従事者は別として)、日本ではネガティブな脂肪体形こそグラマーで顔も程よく綺麗という、別の視点を紹介できたら良いなと思い記事にしました。


にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました